[レビュー] 玄人志向 USB-A/C 増設インターフェースボード USB3.1AC-P2-PCIE

アイキャッチ画像 PC関連

はじめに

現在Windows10で運用中のパソコンはWindows8時代に組んだデスクトップパソコンで
Windows11には対応しておらず、故障した部分を交換したり、ハードディスクを
SSDに乗せ換え、メモリー増設など延命しつつ現役で使っています。

そろそろUSB3.2 Gen.2 (10Gbps)にも対応しておこうと、USB-AとUSB-Cを
増設できる

玄人志向 ASMedia社製 ASM3142搭載 USB3.1 TypeA、TypeCインターフェース(PCI-Express x4接続) USB3.1AC-P2-PCIE [Amazon]

を購入しました。

・ASMedia ASM3142チップ搭載で、2ポート同時使用時も高いパフォーマンスを発揮
・接続するコネクターの向きを気にせず使えるUSB Type-Cポートを搭載
・インターフェース:PCI Express x4
・PCI Express接続レーン数は x2 ですが、マザーボードとの接続には x4 スロットが必要です。
・TypeCポートは最大出力 5V/3A の給電が可能、2ポート同時出力時は合計5V/5.1Aの出力
・ロープロファイルブラケットを同梱しており、スリムPCへの増設も可能
・対応OS:Windows 10 / 8.1
※HP及び販売ページより

パッケージと付属品

パッケージサイズは140x177x高さ46mm

01
玄人志向  USB3.1AC-P2-PCIE
パッケージ

中身を取り出すと静電気防止袋にボードが入っているのですが、付属の
ロープロファイルブラケットも一緒に入っています。

ボードの標準ブラケットの外側に入れられてはいますが、輸送中の振動により
基盤側に移動し、ダメージを与える可能性もあるのでこの梱包方法はどうかと
感じました。

02
玄人志向  USB3.1AC-P2-PCIE
梱包

付属品は先ほども書いたロープロファイルブラケットのみで
説明書などはありません。

03
玄人志向  USB3.1AC-P2-PCIE
付属品

外観

基盤をじっくりと見たい方もいるかもしれないので
表と

04
玄人志向  USB3.1AC-P2-PCIE
基盤_表

05
玄人志向  USB3.1AC-P2-PCIE
基盤_裏

取付け

静電気を帯びないように注意して作業します。

デスクトップパソコンへの取り付けは電源をオフにして念のためケーブル類を
取り外し、ケースを開けて取り付け部分のブラケットを外し、PCI Express の
スロットに差込み、ねじ止めするだけ。

スロットに差込んでもうまくブラケットが合わない場合は、マザーボードの
固定ねじを少し緩めてやれば位置合わせができるかと思います。

SATA電源の接続を忘れずに。(向きに注意)

06
玄人志向  USB3.1AC-P2-PCIE
SATA電源

パソコンを起動すればOS標準ドライバーがインストールされて
使えるようになるはずですが、念のためデバイスマネージャー
を開いて問題が無い事を確認しておきます。

寸法など

PCI Express のスロット面やブラケットからパソコン内に出るおよその
寸法は下画像の通り。

07
玄人志向  USB3.1AC-P2-PCIE
パソコン内部占有寸法

USB-C x2の USB3.2C-P2-PCIE3 も同時に購入したのでサイズ比較。

08
玄人志向  USB3.1AC-P2-PCIE
USB3.2C-P2-PCIE3 と比較

端子キャップ

後日、未使用時の防塵のためにキャップを購入しました。

monofive USB3.1 Type-Cコネクタ防塵保護カバー

monofive USB3.1 Type-Cコネクタ防塵保護カバー つまみストラップホール付き 黒(10個入り) PVCタイプ MF-TTEC-PV10 [Amazon]

キャップ有無の違いがわかりやすいよう USB3.2C-P2-PCIE3 の片側にかぶせた所。
材質はPVCなので硬い物です。

04
monofive_USB-C cover MF-TTEC-PV10
端子キャップ有無

デスクトップパソコンの裏側で脱着しにくいため、2重リングを
取り付けてみました。
画像の物は自宅のジャンク箱から見つけた内径が8mmの物ですが
大き目のホームセンターで売っているかと思います。

05
monofive_USB-C cover MF-TTEC-PV10
二重リング取付け

最後に

このボードを増設後、パソコンを起動したらすんなりとドライバーが
入ったようでデバイスマネージャーも正常とあっけなく完了。
今回は昔ながらのUSB-A 3.0とUSB3.2 Gen.2 (10Gbps)のUSB-Aの比較をしつつ
USB-Cも増設したかったのでこのボードを選びました。

どうせならUSB-Cを2つ増設したいという場合は USB3.2C-P2-PCIE3 をお勧めします。

関連記事
[レビュー] 玄人志向 USB-Cx2 増設インターフェースボード USB3.2C-P2-PCIE3

アイキャッチ画像

玄人志向 ASMedia社製 ASM3142搭載 USB3.2 Type-C×2 インターフェース PCI-Express×4接続 USB3.2C-P2-PCIE3 [Amazon]

また、2022年モデルのパソコンに上記ボードを増設した場合や今回の
古いパソコンとで各種SDカードリーダーのベンチマークテストを実施。

関連記事:物欲、計測、カメラ
[比較検証] カードリーダーテストのまとめとSDカードとの相性検証 サンディスク キングストン プログレードデジタル

新旧パソコンで差が出たりと興味深い結果となっています。

USB3.2 Gen.2 (10Gbps)のUSB-AとUSB-Cが増設された事で新しい機器に対応でき
パソコンを延命できました。

メーカー製パソコンの場合はケースを開けた時点で保証外となります。
また、不慣れな方や自分でうまく増設する自信が無い場合は
PCショップなどに相談する事をお勧めします。

玄人志向 ASMedia社製 ASM3142搭載 USB3.1 TypeA、TypeCインターフェース(PCI-Express x4接続) USB3.1AC-P2-PCIE
購入価格税込み¥3,718-

USB3.2 Gen.2 (10Gbps)Type-A/Cを各1つ増設

monofive USB3.1 Type-Cコネクタ防塵保護カバー つまみストラップホール付き 黒(10個入り) PVCタイプ MF-TTEC-PV10
購入価格税込み¥478-


玄人志向 ASMedia社製 ASM3142搭載 USB3.2 Type-C×2 インターフェース PCI-Express×4接続 USB3.2C-P2-PCIE3
購入価格税込み¥3,990-

USB3.2 Gen.2 (10Gbps)Type-Cを2つ増設

!注意!

当サイトに掲載している製品は個人的に購入、使用、計測(計算値も含む)した物で
同じ製品として販売していても個体差、使用感覚の個人差、計測誤差、製造時期等
により掲載している内容とは異なる場合がありますので了承ください。

コメント