zanflare C4 急速充電器でエネループを充電してみた。

アイキャッチ画像 電気関連

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

ニッケル水素、リチウムイオン充電器2台目

エネループ充電器NC-TGR01を更新するつもりで前回MiBOXER C4を
買ったのですが今までエネループ充電器を2台、最大8本同時充電
していたのでやはりもう1台ニッケル水素、リチウムイオン充電器を
買う事にしました。

関連記事
MiBOXER C4 急速充電器でエネループを充電してみた。

今度は放電機能もある物にしようと検索。
Zanflare C4 [Amazon] に決定。
4本充電タイプとは言え、なぜか両方ともC4という名称。

zanflare C4の主な特徴

【電池容量測定、急速充電】充電電流を300mA/500mA/700mA/1000mA
 から選択可能。4つのスロットが独立して動作し
 CHARGE、
 FAST TEST(完全放電→フル充電)
 NOR TEST(フル充電→完全放電→フル充電)
 の3つのモードを同時に選択して使用可能。
 放電電流は300mA/500mA

【 幅広い互換性】リチウムイオン電池、ニッケル水素電池
 ニカド電池に対応(単3、単4、18650、26650、26500、22650
 18490、17670、17500、17355、16340、14500、10440、SCサイズ)
 1本から4本まで混在して充電できます。

【 LCD表示付】4つのスロットの充電状態をモニターする
 液晶ディスプレイを搭載。対応する数字のボタンを押すと
 電圧(V)、容量(mAh)、内部抵抗(mR)、時間(h)、電流(mA)
 など、各バッテリのパラメータを個別に表示できます。

【電池サイズ】直径: ≤26mm、長さ: 約32mm~67mm。
 (直径22mm以下の充電池のみ4本同時充電が可能)。

※販売ページ、説明書より

zanflare C4の箱、外観

中華製独特の袋に入って来ました。

箱サイズは約178X200X高さ47mm

裏側

箱を開けてみると本体と説明書、下はケーブル類。

本体とACアダプター(ケーブル長約1.2m)と
車載用アダプター(ケーブル長約1.15m)

やはり今までのエネループ充電器よりも大きいです。

外箱が日本語になっていただけあって説明書も日本語ページがありました。

上側には端子が2つあって、左側USBは入力用でなく電源を切断している時に
18650を2本以上スロットに入れておくと5V/2A出力、1本だと5V/1A出力の
モバイルバッテリー機能のための物。
なお、ニッケル水素充電池の場合は先の機能は働きません。

右側の丸い穴がACアダプター/車載用アダプターの電源入力端子。
差し込むDCジャックサイズは外径φ3.5x内径φ1.3mmと思われます。

付属のACアダプター

次に付属ACアダプターの表示部分アップ。

付属の車載用(シガーライターソケット)アダプター。
シガーライターソケット内のガラス管ヒューズは
φ5.2x20mm 3A250Vでした。

本体下側、2つのボタンはMODEとCURRENTで
MODEボタンはCHARGE(充電モード)、FAST TEST(容量急速測定モード)
NOR TEST(容量標準測定モード)の切り替え用。

CURRENTボタンは充電/放電電流設定用。

液晶ディスプレイ上部1~4の数字ボタンは各充電池のデータ
電圧、容量、内部抵抗、充電時間、電流などを押すたびに
表示切替(ループ)。

また、電池マーク上の4つ並んだマイナス側接点は充電池の
サイズに合わせてスライドし、スプリングの力で充電池の
マイナス端子に押し付けられます。

この充電器は充電池を上がマイナス、下がプラスで装着するので
間違えないよう気を付けないといけません。

プラス側接点。

寸法は実測値で約100x180mm

横からで高さは脚を除いて約36.5mm、重さは269g

今まで使っていたエネループ充電器NC-TGR01との比較で
面積は約2.64倍。
大きく感じるわけです。

本体裏側で上下には冷却用のスリットがあるので使用時は
熱対策で台をして床との隙間を開け、気温によっては
扇風機で風をあてて充電しています。

本体裏側表示部のアップ。

zanflare C4でエネループに充電してみる

まずは電源が繋がっていない状態。
もちろん液晶ディスプレイは消えています。

ちなみに充電する単三エネループは初代のHR-3UTGで
10年位前の物でしょう。
それでも体重計(体組成計)に入れて忘れた頃に充電する
使い方でまだまだ現役、全く問題ありません。

エネループ (パナループ) [Amazon]

下画像はバックライト点灯状態で、操作しないとバックライトが
消えて液晶は表示されたままとなります。

自分で設定しない場合は自動的に500mAで充電が始まり
電池マーク内の目盛が点滅し、充電が進むと目盛が
だんだん増えていくタイプ。

各充電池下の数字ボタンを押すたびに
電圧→容量→内部抵抗→充電時間→電流→電圧に戻る
とループ表示されます。

画像は左から電圧、容量、内部抵抗、充電時間

バックライトが消えるとこんな感じ。

充電が完了するとEND(黄色○内)が点滅表示され
数値はV(電圧)になります。

4本全ての充電が終わった所でバックライトは点灯状態。

zanflare C4で充電してみて

手動で充電電流を設定しないと必ず500mAで充電が始まってしまいます。
設定できるのは300mA/500mA/700mA/1000mAでちょっと物足りないような
これでいいような、もうちょっと使い込んでみないと何とも言えません。

ただ、前回のMiBOXER C4と違って表示が1項目ではあるけれど4本を
並べて比較できるのが使い方によってはいい所でしょうか?

zanflare C4は18650を装着する事によってモバイルバッテリー機能が
使えたりするのですが、やはり4本全部で放電→充電の容量計測できるのが
一番大きな特徴だと思います。

Zanflare C4 急速電池充電器 リチウムイオン/ニッケル水素電池/ニカド電池対応 LCD付き 電池容量測定 バッテリー活性化機能 USB出力機能付き モバイルバッテリー 車載充電器
購入価格税込み¥3,299-


エネループ (パナループ)

!注意!

当サイトに掲載している製品は個人的に購入、使用、計測(計算値も含む)した物で
同じ製品として販売していても個体差、使用感覚の個人差、計測誤差、製造時期等
により掲載している内容とは異なる場合がありますので了承ください。

また、当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

記事中の製品名や販売店名のリンクから購入すると、広告主から当サイトに報酬が支払われることがあり、この広告収入は主にレンタルサーバーやドメイン料金に使われ、運営を行っています。

コメント